断熱リノベーションのコツ!床暖房より窓断熱を優先すべき2つの理由

快適な断熱リフォーム

家の快適性を高めてくれる断熱性。できれば冬は暖か、夏は涼しい部屋で過ごしたいものです。

住まいの断熱性を高めたいと思ったとき考えられる設備として、床暖房などが思いつくかもしれませんが、より熱の出入りを防ぐことができるのが断熱リノベーション(リフォーム)です。部屋に断熱仕様を施すことによって、今までよりもぐっと過ごしやすいわが家になるかもしれません。

今回は、特にマンションにおける断熱リノベーションについてご紹介します。

1.なぜマンションは冬に寒く、夏は暑くなるのか?

マンションは一戸建てに比べて暖かいという印象がありますが、最上階や1階、角部屋など、外部に接する面積が多い部屋に関しては、冬は寒く、夏は暑くなる傾向にあります。当然日当たりの悪い北側の部屋も寒いですし、南西の部屋は逆に夏は暑くなりすぎてしまうでしょう。

また、ほとんどのマンションが鉄筋コンクリートで造られていますが、コンクリート自体に断熱性はほとんどありません。現在のマンションが冬寒く夏暑いとすれば、しっかり断熱されていないということになります。

室内を快適な温度に保ちたい場合、コンクリートから冷熱を伝わらないようにするために、しっかり断熱対策をする必要があります。

2.【床・壁・天井】2つの断熱方法

マンションの専有部分に断熱材を施工する場合、大きく分けて「乾式(かんしき)断熱」と「湿式(しっしき)断熱」の2つのリノベーション方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、お住まいの部屋にあった方式を選びましょう。

乾式断熱

乾式断熱は、コンクリートの壁にまず下地を作り、発泡スチロール状の断熱材を密着させてはめ込んでいくリノベーション方法です。施工時に断熱材と断熱材の間に隙間ができやすいため、断熱材の上からもう一枚断熱材を張る「二重張り」という方法が主流になっています。

この方法は、リーズナブルで比較的工事が簡単です。また、断熱材の種類も多く、予算と照らし合わせて断熱性能を選ぶことが可能です。しかし、断熱材が板状になっているので、複雑な形状をした場所には施工することができません。

湿式断熱

湿式断熱は、木材で下地を作った後、もこもこした泡状になった断熱材を吹き付けていく方法です。このリノベーション方法は、泡状の断熱材を使用しているため、断熱層に隙間が生まれません。泡状ですから、複雑な形状の場所でも問題なく施工できます

一方で、専門業者でないと取り扱いが難しいのがデメリット。断熱材はコンプレッサー(断熱材を吹き付けるための機器)を積んだトラックによって運ばれるので、トラック駐車するスペースと、部屋までのホース配線の経路が確保できないと実施できません。高層階になると断熱材を圧送できなくなってしまうため、8階以上に部屋がある場合は湿式断熱による方法は難しくなります。

乾式断熱、湿式断熱は住まいの条件が施工できるかどうかに関わってきますから、どちらで施工した方が良いのかリノベーション(リフォーム)会社とじっくり相談する必要があります。

3.【窓・ドア】のおすすめ断熱方法

壁に断熱材を入れることによって、室温はかなり快適になるでしょう。しかし、忘れてはならないのは室内の熱の大半が窓とドアを通して出入りするということです。この2つの場所に断熱リノベーションを施せば、より断熱性能が高まることは間違いありません。

窓ガラスを断熱性の高いものに入れ替えたり、断熱仕様のドアと交換すれば、部屋の断熱性は高まります。しかし、マンションの場合、窓やドアの交換は規約に反することがほとんどです。

そこでおすすめなのが、内窓を設置する方法。窓枠の内側にもう一つアルミサッシを取り付け、窓を二重にすることによって断熱性が高まります。

4.断熱リノベーションの費用相場と工事日数

断熱リノベーション(リフォーム)の費用と工事日数はどのくらいかかるのでしょうか。床、壁、天井、窓の断熱リフォームの費用相場と工事日数をチェックしてみましょう。

断熱リフォームの比較表
断熱リノベーションの比較表

5.断熱リノベーションのおすすめ優先順位

断熱リフォームは床、壁、天井、窓と全ての場所に断熱処理を施すのが一番効果を感じられますが、費用相場を見てもわかるように、その分コストがかさみます。ですから、費用が限られている場合は断熱リフォームをする際の優先順位をつけて検討してみましょう。

お住まいの階数や、部屋の向き、角部屋かどうかにもよりますが、床、壁、天井、窓の断熱リフォームを比較した時に、一番おすすめなのが窓断熱です。

窓断熱をおすすめする2つの理由

効率的な窓の断熱リフォーム
熱の出入りの大半は窓から

冬場において暖房の熱が流出する割合は、床、壁、換気口などの場所がそれぞれ2割にも満たないのに対し、窓は約6割を占めていると言われます。夏場に冷房をかけている室内で外から熱が流入する場合も、約7割が窓からです。つまり、窓に断熱対策をすれば、全体の半分以上の熱の出入りを防げるということになります。一番断熱効率が良いのが窓、というわけです。

また、「4.断熱リノベーションの費用相場と工事日数」でご紹介した通り、窓の断熱リノベーションは他の場所に比べてお手頃な価格で実施できます。一番断熱の効率が良く、しかも費用や工事日数もかさまない窓断熱は、コストパフォーマンスの側面から考えても断然おすすめなのです。

ただし、最上階や角部屋、1階の部屋はそれ以外の部屋よりも断熱性が低くなるのは最初にご説明した通り。これらの部屋の場合はどんな優先順位になるのかを次の項目から見てみましょう。

最上階は、窓+天井断熱

一般的にマンションの熱の出入りは窓からほとんどではあるものの、マンションの最上階に住んでいる場合は、他の部屋よりも天井からの熱の出入りが多くなります。窓に加えて天井の断熱リノベーションも実施した方が良いでしょう。

角部屋は、窓+壁断熱

角部屋は2方向が外気に面しているため、他の部屋よりも壁からの熱の影響が大きくなりやすい特徴があります。そのため、窓の他に壁に断熱リノベーションを施工すると効果的です。外気に面している壁だけに断熱材を入れる方法もあります。

1階は、窓+床断熱

2階以上の部屋と異なり直接地面に接しているため、冬場に底冷えを感じることが多いのが1階です。この場合は床に断熱仕様を施すことによって、快適な室温を保つことができます。マンションの1階に住んでいる人は、窓と床の断熱リノベーションを検討しましょう。

まとめ

断熱リノベーション(リフォーム)と一口に言っても、施工する場所はさまざま。効率やコストの面から考えても、窓の断熱が一番おすすめです。部屋の寒さや暑さが気になっている人は、まずは窓の断熱リノベーションを検討してみると良さそうですね。

もし、断熱リノベーション以外にも天井のクロスを張り替えたいなど別の箇所も検討しているのであれば、別々のタイミングでリノベーションするよりも、まとめて施工してしまうのがコストパフォーマンスも良くおすすめ。

ちょっとしたリノベーション(リフォーム)が家全体を見直すきっかけにもなるので、箇所が多くなりそうな場合は、全てを改修するスケルトン・リノベーション(スケルトン・リフォーム)を考えてみてもいいかもしれません。

>>おすすめ記事:スケルトンリフォームの費用はいくら?定額制のオススメ業者はどこ?

おすすめ

【3/16(土)・3/17(日)】小さいリスクで家を買う方法