マンションの固定資産税の相場と計算方法をやさしく解説

マンションの固定資産税の相場

マンションを購入するともれなく付いてくる固定資産税。

条件によって異なりますが、新築の75㎡のマンションの場合は大体10~30万円程度。

築10年の中古マンション75㎡の場合で10~15万円程度となります。この記事では、固定資産税の計算方法や、過払いの確認方法についてお伝えしていきます。

1.固定資産税を支払うタイミング

固定資産税は、各市町村、東京23区であれば都が課税し、毎年4~6月頃に通知が来ます

固定資産税の納付期限については、地方税法によると4月、7月、12月、2月の4回と定められていますが、各市町村でその期日を決めることができるので、住んでいる地域によって異なることもあります。

昨年の東京都の場合は、平成29年6月1日~6月30日(第1期)、平成29年9月1日〜10月2日(第2期)、平成29年12月1日〜12月27日(第3期)、平成30年2月1日~2月28日(第4期)となっています。

なお、一括払いでも4回に分けて支払うこともできます。

2.固定資産税の計算方法

実際に自分が納める固定資産税額を知りたい場合は、次に説明する計算式によって、その金額を求めることができます。

2-1.固定資産税の計算式

下記の計算式によって、固定資産税を求めることができます。

固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%(標準税額)

固定資産税評価額は、土地や家屋の価値です。土地の固定資産税評価額は、路線価をもとにして定められます。東京都の路線価については東京都主税局のサイトにて確認できますので、参考にしてみてください。

2-2.固定資産税評価額の決まり方

土地に関する固定資産税評価額は、路線価×敷地面積をもとにして算出されますが、土地の条件によっては、補正率を使って調整します。

建物の固定資産税評価額については、再建築価格(再び同等の建物を建てた場合にかかる費用)によって決定されます。

マンションは建築時に税務署の職員によって家屋調査が実施され、様々な観点からその建物の価値が決定されます。調査実施後は年月の経過や物価などに応じてその価値が変動し、これが再建築価格となるのです。

再建築価格についての正確な金額は家屋調査をしてみないとわかりませんが、国税庁のホームページにて標準的な建築価額を確認することができるので、気になる方は調べてみましょう。

2-3.評価額の更新は3年おき

固定資産税評価額は、3年おきに評価の見直しが行われます。この評価の見直しを評価替えといい、東京都は平成30年度に評価替えが行われました。

2-4.一定の要件で減税も

固定資産税は、要件を満たせば軽減措置があります。

土地についての減税はマイホームの敷地であることを要件とし、200㎡以下の部分の評価額が1/6に、200㎡を超える部分は評価額が1/3になります。

建物に関しては、中古物件だと適用できませんが、新築であること、本人が住んでいること、床面積が50〜280㎡であることを要件として、120㎡以下の部分の評価額が1/2になります。

この場合、減税されるのは購入から5年間、長期優良住宅に認められた場合は7年間に限られます。

3.固定資産税とは別に都市計画税を支払うケースも

さて、固定資産税とともに覚えておきたいのが都市計画税です。

3-1.都市計画税とは

もしあなたのマイホームが、都市計画法の市街化区域内にある場合は、都市計画税も支払う必要があります。

固定資産税は全ての土地と建物が対象であるのに対して、都市計画税は都市計画法の市街化区域内に存在する土地と建物に限られる点が異なります。

3-2.都市計画税の計算方法

都市計画税も固定資産税と同じく、各市町村によってその税率は異なります。ただ、最高税率が0.3%と定められているため、下記の計算式で計算しておけばそれを上回ることはありません。

固定資産税評価額×0.3%

また、都市計画税も課税軽減措置があり、マイホームの敷地であることを要件として、200㎡以下の部分は評価額が1/3に、200㎡を超える部分は評価額が2/3になります。

4.マンション購入前に課税額を確認

ここで気をつけたいのは、固定資産税評価額は建物のグレードによって変化するということです。予想していた金額と異なる場合もあるので、購入する際には必ず不動産会社に確認しましょう。

4-1.新築マンションの場合

新築マンションの場合、マンションが完成する前に契約を結ぶことが多くなるでしょう。当然家屋調査前のため、固定資産税評価額が決まっていないことが予想されます。

しかし、不動産会社によって大体の固定資産税評価額は予測されているため、担当者にあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

4-2.中古マンションの場合

中古マンションの固定資産税については、不動産会社を通して前の所有者がいくら支払っていたのか確認しましょう。

自分で調べる場合は、その建物を管轄する市区町村の役場へ行けば、基本的に毎年4月1~20日、または市町村が定める固定資産税の第1期目の納期限までのいずれか遅い日までの期間であれば、固定資産税台帳を閲覧することができます。

そこで固定資産税評価額を確認することができるので、あとは自分で計算してみると、支払うべき金額を知ることができます。

5.支払いすぎの場合も

今までお話ししてきた固定資産税ですが、調査によると対象期間中、各市区町村では97%の割合で1人以上、税額修正した納税義務者が発見されています。

さらに、納税義務者の総数から税額修正をした人が占める割合は0.2%となっているため、500人に1人の割合で固定資産税額に誤りがあったという計算になります。

500人に1人と聞いて多いととるか少ないととるかは人によりますが、自分が支払い過ぎていないかきちんと確認しておいた方が安全です。

5-1.固定資産税の間違いは2つ

では、なぜ固定資産税の過払いが発生するのでしょうか?これは大きく2種類の間違いに分けられます。

まず、固定資産税評価額に誤りがある場合です。しかしこの誤りに気づくことは専門家でも難しいため、一般人が見つけるのは厳しいものがあります。

もう一つの間違いは、本来なら適用できる特例が使われていないために生じる誤りです。2-4一定の要件で減税もでご紹介した通り、固定資産税を減税できる住宅用地の特例というものがあります。

人が住むための土地であるならば通常の1/6の固定資産税で済むという内容ですが、非住宅用の土地から住宅用の土地に変更したにもかかわらず市区町村がそれを把握していないことから、本来払わなくても良い金額を支払っていたということがあるのです。

5-2.固定資産税を払いすぎかもと思ったら

過払いに気づいたら、管轄の市区町村役場に問い合わせてみましょう。誤りが見つかり、過払いが認められると、今後の固定資産税については正しい額で請求されるようになるはずです。

また、固定資産税評価額が高すぎるなど不服がある場合は、固定資産評価審査委員会に審査を申し出ます。

この申し立ては、納税通知書を受け取った日から3ヶ月間に限られるため、注意が必要です。また、不服申し立ての場合は原則として評価替えが行われた年に申し出る必要がありますので、自分が住んでいる地域の基準年度についても把握しておきましょう。

審査の結果、課税額が修正されると過払い金の還付を求めることも可能です。ただ、還付の申告は5年以内のものと決まっています。

まとめ

家や土地を購入すると付いて回る固定資産税。計算方法や注意点を把握して、損することのないようにしっかり確認しておくと安心です。

毎週末開催!小さいリスクで家を買う方法

ゼロリノベ空間事例

■100年マンションの見分けかた■家の買いどき、たった1つのタイミングとは?■あなたが借りられる住宅ローンはいくらまで?■もしものときに安心な「資産性のある家」の探しかた■あなただけの掘り出し物件が見つかる魔法のシート■将来売る?貸す?ずっと住む?目的別の家の選びかた■愛せるインテリアを予算内で揃えるには?■あなたのイメージするリノベ工事、本当はいくら?…■このほかに「未公開物件」や「設計事例」のお話も盛りあがります。【主催】ゼロリノベ(株式会社grooveagent)