【事例付き】リノベーション費用の算出方法と予算の抑え方

リノベーションの費用を算出

中古の一戸建てや中古マンションを購入してリノベーションをすれば、住まいにかかる予算をぐっと抑えられる。けれど、実際にいくらくらいかかるのだろうか?

この記事では、リノベーションの費用の相場や、実際にリノベーションを行った事例の費用、また、リノベーションの費用の抑え方についてお伝えしていきます。

1.リノベーションの費用の相場は1㎡あたり10~15万円

リノベーションは、もともとあった壁などを解体し、新しい間取りや設備や仕上げにすることで、「当時想定されていた住み方」とは全く異なった、「これから住む人たちのライフスタイルに合わせた住まい」となります。

そのため、一部の間取りや設備を交換する部分リフォームや、間取りは変更せずに、床や壁紙などを新品にする表層リフォームなどと比べ費用がかかります。リノベーションとリフォームの違いについては、リノベーションとリフォームの違い。予算や工期を知り賢い選択を!をご確認ください。

相場としては、1㎡あたり、10〜15万円とされています。70㎡の住まいならば、700万円〜1050万円程度を想定しておく必要があります。

ただし、30㎡なら、300万円〜450万円かというとそうとも言えません。なぜなら、広さに関わらず、キッチンやトイレやお風呂は必ず費用が発生するからです。

また、一戸建ての場合、耐震補強や基礎工事などが必要だと判断された場合は、相場よりも費用がかかります。これから購入するにしても、今住んでいる物件をリノベーションするにしても、物件の状態をしっかりと確認する必要があります。

マンションの場合、購入前にしろ、自分たちの物件にしろ、躯体(鉄筋コンクリートや鉄骨)に対して住民が何かをすることはできないため、上記の相場に収まるかと思います。ただし、相場はあくまで相場です。

フローリングを高級な素材にしたり、車が1台買えるようなお風呂を入れればあっという間に相場から離れた金額になります。それについて、実際の事例を使って見ていきます。

2.リノベーションの費用の具体例

2つほど実際の事例の費用を見ていきます。リノベーションを行う際の参考にしてみてください。

【事例1】70㎡でリノベーション費用900万円=12.8万円/㎡

リノベーション後
埼玉県武蔵浦和のリノベーション後のリビング

埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーション後のダイニング

埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーション後のサニタリーと浴室

リノベーション前
埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーション前のリビング
間取りの変化

埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーションのビフォーアフター

 

トイレの位置や浴室の位置なども移動させ、なおかつ、ホテルのように一体化させています。また、区切られていた個室を全てなくし、広々とした1つの空間に変更しています。キッチンも造作しています。この事例で費用がかかっているのは、床材に使用しているウォールナットの無垢材と、浴室空間をメーカーのユニットバスではなくゼロから作っている点です。キッチンに関しても、システムキッチンにすることで、もっと費用を抑えることが可能です。

この事例の詳しい内容を確認する

【事例2】51㎡でリノベーション費用1100万円=21.5万円/㎡

リノベーション後
東京都代々木上原の中古マンションのリノベーション後のダイニング

東京都代々木上原の中古マンションのリノベーション後のキッチン

東京都代々木上原の中古マンションのリノベーション後のお風呂

リノベーション前
東京都代々木上原の中古マンションのリノベーション前のダイニング

間取りの変化
東京都代々木上原の中古マンションのリノベーションのビフォーアフター

お風呂の位置を変更し、キッチンの位置も変わって、どちらも造作になっています。もともとの間取りは少しも残っていません。床材は安い無垢材を使っていますが、お風呂やキッチンなどの設備周りをゼロから作っていることと、テレビを置かず、プロジェクターを設置し、スピーカーを壁に埋め込んでいること、照明デザイナーが入り、照明計画がなされていることなどが、相場を大幅に超えている理由になります。

この事例の詳しい内容を確認する

では、何をすると費用が増すのか、どうすれば予算を抑えられるのかをお伝えしていきます。

3.リノベーションの費用を大きく左右するポイント

リノベーションの費用の中でも、ボリュームが大きいポイントと、その費用の抑え方をお伝えしていきます。

3-1.床材

埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーション後の全体

床材の金額は、各メーカー1㎡あたりの単価で表示されていることが多く、3,000円/㎡のように記載されています。例えば、70㎡の床面積の物件として、2,000円/㎡の床材と15,000円/㎡の床材を比べると、それぞれ14万円と105万円となります。差額としては91万円です。物件が広くなるほど、価格差が現れてきます。見積もりで予算が厳しい場合は、床材を安いものに変えられないか、リノベーションの依頼先に確認してみましょう。

無垢のフローリングの中でも希少な材は高い傾向にあります。松の木(パイン材)などは無垢材の中でも2,000円台のこともあり手が出しやすい価格と言えます。また、無垢材を使用する場合、色のついたオイルを使うことで、色味を変えることができるので、木材にこだわりがなければ、安いものを選ぶのも1つの手段です。

3-2.壁や天井の材料

埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーション後の玄関

壁や天井に関しても、床と考え方は基本的には同じです。例えば、白い壁紙のもので安いものは、1mあたりの価格は130円前後のものもあります。しかし、写真のような木目調の壁紙や、デザイナーがオリジナルで作った壁紙などは、1mあたり3,000円程度するものも存在します。

また、壁紙ではなく、塗装や漆喰、珪藻土を使うと費用は増していきます。白の壁紙で仕上げると、新築の雰囲気に近づきます。塗装をすると、美容室やカフェのような雰囲気に。漆喰や珪藻土の場合もまた異なった雰囲気になりますが、どちらかといえば、調湿効果など、機能面で選ぶケースが多いです。

3-3.キッチン

埼玉県武蔵浦和の中古マンションのリノベーション後のキッチン

キッチンの場合、各キッチンメーカーから出ているものをそのまま入れるのが一番安く収まります。造作でオリジナルのキッチンを作るとなると、それなりの費用がかかってきます。

キッチンを造作する場合、職人が他の作業と平行して作っていくので、キッチン代がいくらといったようにキッチンだけの費用はなかなか出にくいですが、通常グレードのシステムキッチンを入れた方が安く収まります。ただし、料理が趣味だったり、こだわりがある場合は、その他の予算を抑えて、キッチンに予算を使うというケースも事例としてはたくさんあります。どこにこだわりを持つのかを明確にしておきましょう。

サンワカンパニーというメーカーのキッチンはネット上に値段が出ていてかなりコストパフォーマンスが高いと言えます。ショールームもあるので、一度見てみてはいかがでしょうか。リノベーションは、基本的にはどのメーカーの設備を入れることも可能です。自分に合ったものを探してみましょう。

3-4.お風呂

古河の中古マンションのリノベーション後のお風呂

お風呂も金額として大きいポイントの1つです。事例で見たようなゼロからお風呂の空間を作っていくようなものを望むと、かなり予算が必要になってきます。上の写真のように、ユニットバスと呼ばれるものの中から選びましょう。

また、ユニットバスは1216などの4ケタの数字で寸法が表示されています。これは、横120cm×縦160cmの寸法というものを表しています。メーカーによって出している寸法のラインナップは多少異なりますが、多く流通しているのは1216サイズ。大きいものだと1820などのものまであります。そして、グレードによっては300万円を超えるものもあります。キッチンと同じく、自分たちの優先順位を出してこだわるかこだわらないかを明確にしておきましょう。

以上が、リノベーションの費用の中でもボリュームのあるポイントです。次は、リノベーション会社の選び方についてお伝えします。

4.リノベーション会社の選び方

リノベーションの会社には、実はいくつかの種類が存在します。自分にピッタリのリノベーション会社の選び方がわかる6つの手順で詳しくまとめていますが、自分たちに必要な会社がどういった業態のリノベーション会社なのか確認しておきましょう。

4-1.リノベーション済み物件を販売する会社

中古戸建や中古マンションを自社で購入し、自社でデザインしたリノベーションを既に施工したあとで、販売している会社です。「中古マンションを購入して住宅コストを抑えたいが、間取りやデザインに対して、そこまでこだわりがあるわけではない。」といった方は、販売されている物件を購入するだけで済むリノベーション済み物件をおすすめします。

4-2.リノベーションのみを提供する会社

依頼者が持っている物件に対して、リノベーションの設計や工事の手配などをしてくれる会社。個人の設計事務所などもこのカテゴリーに含まれます。

しっかりと間取りについて検討したいといった場合は、その会社に自分たちの気に入るテイストの事例があるかどうか、間取りに対して問題解決をしてくれるのかなどをホームページでチェックしておきましょう。

4-3.ワンストップリノベーションを提供する会社

自分たちと一緒に中古マンションや中古戸建の物件を探してくれて、なおかつリノベーションの設計や工事を提供している会社。通常の不動産会社の場合、仲介する物件が、リノベーションに適しているかどうかなどのチェックは行いません。

そのため、買ってから、実は管理規約によって大規模な間取りの変更ができなかったり、アスベストが使われいるため除去費用がかなりかかる、の問題も実際に起きています。責任の所在もはっきりするため、物件をこれから購入してリノベーションをする予定であれば、不動産の仲介とリノベーションのどちらも行っている会社を選びましょう。

この会社の中でも、不動産とリノベーションの設計と工事をそれぞれ別の会社に委託している会社と、全てを自社で行っている会社の2つに分かれます。   

まとめ

いかがだったでしょうか。リノベーションの費用は、相場があったとしても、自分たちのこだわりによっては、価格が相場に収まらないこともあります。

また、かかる費用をしっかりと管理したいのであれば、最初から、リノベーション費用は800万円まで、1000万円まで、というように、決めてしまうことをおすすめします。

その金額内でリノベーションをしてくれるようにリノベーション会社や設計事務所に依頼しましょう。金額は物件の広さなどからある程度算出し、決めていきます。この費用に関しても、そもそもの話で、住宅に使っていい金額をファイナンシャルプランナーなどに依頼してはっきりさせておくことをおすすめします。

リノベーションの費用がおおまかにでもイメージできたら、次は、そのお金を本当に使っていいのか?を決めるために、ファイナンシャルプランナーなどに住まいに使っていい予算の算出を依頼しましょう。

小さいリスクで家を買うガイドブック(無料)

■月々支払い額とリノベ事例
■無理なく買える住宅予算
■中古物件の寿命と耐震
■マンションの買いどき
■資産性のある物件選び
…etc リスクの小さい家の買い方

IeROHAメンバーズ登録(無料)で「小さいリスクで家を買うガイドブック」のほか、IeROHA を運営しているゼロリノベ提供の様々なコンテンツをすべて閲覧できます。ぜひ活用してください。(無料登録フォームは下記ボタンの遷移先にあります)