【タイプ別】トイレのリフォーム費用を簡単解説!

清潔感のあるトイレ

トイレをリフォームしようと考えたとき、まず気になるのは費用ですよね。トイレリフォームの際に発生する費用の内訳や相場についてまとめてみました。

【1】トイレリフォーム費用の3つの内訳

トイレのリフォーム費用の内訳は、トイレ本体、設置費用、材料費の3つに分けることができます。

1-1.トイレ本体価格

トイレ本体にかかる費用としては、便座の交換で済む場合と、便座と便器を両方交換する場合で異なります。トイレのタイプとしては、タンク付きのものよりもタンクレスの方が価格は高くなります。また、オプションとしてさまざまな機能を追加すればするほど価格も上がります。

1-2.設置(工事)費用

設置にかかる工事費は、便器の交換のみなのか、床や壁紙の張り替えも伴うのかによって大きく異なります。

便器の交換のみの場合は一般的に25,000円ほどですが、床の張り替えを一緒に行う場合はさらに25,000円ほど追加されます。壁や天井の張り替えも行うのであれば、さらに20,000~30,000円程度かかるでしょう。また、電気工事を行う場合は10,000~30,000円ほど追加されます。

収納を追加したり、手洗いカウンターを設置する場合は、さらにプラスになります。トイレ全体を大きく変更する工事になれば、設置費用だけで数十万円かかることも珍しくありません。

1-3.材料費(床・壁・天井などの内装材)

トイレの床や壁、天井も一緒にリフォームする場合は、材料費も必要です。床材や壁紙は種類によってかかる費用も異なります。また、トイレのドアや紙巻器などのアクセサリー類の交換なども一緒に行う場合も、追加で費用が必要となります。

【2】トイレリフォームの平均費用・相場

トイレのリフォームは、選び方によって金額に大きな差が出ます。リフォームのタイプ別に、平均費用と価格帯を見てみましょう。

2-1.便座の交換(普通の便座から温水洗浄便座)

便座の交換のみの場合は、作業の難易度も低いため費用を抑えやすく、工事費込みで3~10万円以内で済むのが一般的です。作業時間も1時間もかからない程度です。DIYすることも可能なので、工事を業者に依頼せずに自分で交換すればさらに費用を節約できます。

ただし、温水洗浄が付いている便座に変更する際にトイレにコンセントがトイレに無いなら、新しく設置する必要があります。その場合電気工事や配線に関する工事も必要になるため、総費用も上がります。

2-2.便座・便器の交換(最新式トイレ)

便器と便座を交換する場合、リフォーム前のトイレが温水洗浄便座付きトイレであればおおよそ20万円以内が目安になるでしょう。

ただし、便器ごと交換する場合は床に従来の便器を設置していた跡が残ることがあり、見栄えが良くありません。便器交換とともに床も一新する場合は、プラスして張り替え費用が必要です。

トイレのグレードや床材の種類によって価格は異なりますが、トイレリフォームの中心価格帯が20~50万円ですので、この辺りを目安にしておくと良いかもしれません。

50万円にも及ぶのは、余程ハイグレードな製品を選んだ場合です。

2-3.タンク付きトイレからタンクレストイレに

タンクレストイレは一般的にタンク付きトイレよりも本体価格が高くなります。グレードによって異なりますが、本体価格だけで20〜40万円ほどかかると考えておくと良いでしょう。

タンク付きから変更する場合はアラタに手洗い器を設置する必要があるので、その分工事費もかかります。本体価格と工事費を含めたトータルでは、30~50万円ほどを目安にしましょう。

2-4.和式トイレから洋式トイレ(温水洗浄便座付トイレ)へ

一番高くつくのが和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合です。和式トイレと洋式トイレでは床の形状が異なるため、床を壊してから作り直す必要があるからです。解体処分費が増え、給排水管や電源の設置などの費用が必要になります。リフォーム自体にも3~4日かかりますから、その分の人件費も加わる計算です。

費用の相場は50万円ほどですが、トイレ本体のグレードや、既存トイレの状態などによって価格も上下します。

【3】費用が高くなるトイレリフォーム

ここまでご紹介した通り、トイレリフォームの費用は選んだ商品や工事内容によって数万円~数十万円という大きな開きが出ることがわかりました。前述したように床を張り替える場合や、電気工事が発生する場合は、その分費用が高くなるのです。

また、下記のような場合も一般的な価格帯よりも費用が高くなることがあります。

  • トイレ内の段差をなくす工事を行う必要がある
  • 給排水管の位置を大幅に変更する必要がある
  • トイレ全面にタイルが貼られている
  • 男性用小便器が別にあり、撤去する必要がある
  • トイレスペースが狭いために、高額な便器しか設置できない
  • 工期が長くなってしまい、工事費がかさむ

トイレリフォームは、中には100万円以上かかることもあります。まずは自分の家のトイレの状態と、どこまでこだわってリフォームしたいのかおおよその見当をつけおいて、費用目安を考えてみてください。

【4】費用対効果が良いメーカー(便器)は?

トイレのリフォームをする際に悩むのが、メーカー選びです。特定のモデルや、メーカーが決まっているなら問題ありませんが、トイレという商品の特質上、メーカー同士で比較してもデザインやカラーバリエーションにさほど違いはありませんし、なかなか「これ!」という商品を見つけるのは難しいでしょう。

メーカーはどこでもいいけど、しっかり費用対効果が得られるものを選びたい…という場合はどうしたら良いのでしょうか。

おすすめは、依頼する業者に予算内で仕入れることができる各メーカーの商品をリストアップしてもらうこと。その中で、異なる機能や特徴を把握し、優先順位をつけてみます。すると、結果的に費用対効果の良いものを選ぶことができます。

まとめ

トイレをリフォームする際に価格の目安となる情報をお届けしました。トイレのリフォームは家の他の部分に比べて比較的想定外の費用は発生しにくい場所ですが、築年数が長い戸建てなどは床下の状態次第で追加費用が必要になってくることもあります。

今回ご紹介したパターン以外にも、家庭によってトイレの状態や理想のトイレ像は異なります。信頼できる業者に相談して、後悔のないリフォームを行えるようにしてくださいね。

毎週末開催!小さいリスクで家を買う方法

ゼロリノベ空間事例

■100年マンションの見分けかた■家の買いどき、たった1つのタイミングとは?■あなたが借りられる住宅ローンはいくらまで?■もしものときに安心な「資産性のある家」の探しかた■あなただけの掘り出し物件が見つかる魔法のシート■将来売る?貸す?ずっと住む?目的別の家の選びかた■愛せるインテリアを予算内で揃えるには?■あなたのイメージするリノベ工事、本当はいくら?…■このほかに「未公開物件」や「設計事例」のお話も盛りあがります。【主催】ゼロリノベ(株式会社grooveagent)