中古マンションを購入する時の税金がサクッと30秒でわかります。

だよね!

中古マンションを購入する時の税金の全体像を網羅したい。
実際にいくら位かかるのが、イメージをつかんでおきたい。
という方に最適です。
最初の項目だけみて頂ければ、サクッと30秒でわかるようにしております。

1.中古マンション購入時の税金は4種類

基本は「印紙税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税」の4種類の税金がかかります。

①印紙税
不動産売買契約のとき、銀行とのローン契約のときに必要です。

②登録免許税
不動産の決済(引き渡し)をするときに、自分の所有になった事を明らかにするために所有権登記を法務局に申請するのに必要です。
また、ローンを組む人は、所有権と同時に銀行の抵当権を設定します。

③不動産取得税
不動産の所有権が設定されてから、約半年から1年後に不動産取得税の納税通知書が郵送されます。

④固定資産税
毎年1月1日現在、不動産を所有している人がその固定資産の評価額により算定された税額を所在する市町村に納める税金です。

できるだけ、シンプルにまとめてみましたが、30秒で読めましたでしょうかw
この後は、実際の中古マンションを例にして、具体的にいくらかかるのか金額を見ていきます。

2.実際にかかる税金の金額

サクッと築25年、70㎡、2,000万円の中古マンションを全額ローンで購入した場合の例です。
※2018年3月現在

(中古マンション購入時にかかる税金)

購入時税金
2000万円の中古マンションを購入する際の税金目安

築年数や場所によっても少々金額は変わりますが、中古マンション購入時にかかる税金は物件金額の約1.5%くらいと見積もっておきましょう。

不動産取得税は土地の評価額(都心なら高い)によって変わるのですが、個人の住宅に関しては軽減税率がほとんど適用されますので、どの地域でも大体は10万円くらいとみておけば良いと思います。
※サックっとわかるシリーズでは詳細な計算は省きます。

サクッとわかるシリーズは下記も参考にしてください。

中古マンションの諸費用がサクッと「30秒」でわかります。

中古マンションの購入の流れがサクッと「30秒」でわかります。

(中古マンション購入後にかかる税金)

購入後にかかる税金は固定資産税です。

下記の表は、築年数が5年毎に経った場合に、どのように、固定資産税が減少していくのかを表にしました。
また、下記表の50年目以降は、これ以上金額が下がることはありません。

固定資産税
70㎡マンションの年間の固定資産税が50年で減っていくイメージ。

不動産取得税とは違い、固定資産税は土地評価額が相応に影響してきます。
よって、わかりやすいように建物にかかる固定資産税のみ経年ごとに表として添付しました。

都心であれば土地の評価額が高くなりますので固定資産税は高くなります。
土地にかかる固定資産税は5万円前後とみておけば良いかと思います。

よって、上記の築年毎の固定資産税概算に5万円位を足した金額が固定資産税であると見ておきましょう。

また、土地の評価額は経年劣化がないために、年数が経つにつれて評価額がさがるということはありません。
経済情勢によって、土地の価格は上下します。

例)築25年の時の固定資産税
  建物9万円+土地5万円=14万円 
  おおよそ、14万円前後が固定資産税としてかかります。

3.そのほか特殊な税金

親類等から資金援助にて、中古マンションを購入する場合があります。
その際に、下記2種の税金が関わってきます。

①贈与税
②相続時精算課税

こちらについての詳細は「住宅の贈与税」親族から資金援助で家を買う場合を簡単に解説!を参考にしてください。

馬込のキッチン
賢く税金を理解し、理想の中古マンションを手にいれたKさん

5.まとめ

中古マンションを購入する際に関わる税金の基本は「印紙税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税」の4種類です。

その他に、資金援助をしてもらう際に「贈与税、相続時精算課税」の2種類が関わってきます。

購入時には中古マンション価格の約1.5%位が税金としてかかります。

購入後は、築年数にて税額が減少していきます。

以上、計算を一切排除して、極力簡単にイメージできることだけを目指して記事を書かせていただきました。参考にしていただければ、幸いです。

中古マンション見極めリスト48(無料)

■長期修繕計画が組まれているか?
■赤サビがながれでた箇所がないか?
■住宅ローン減税が使える物件か?
■掲示板の注意事項が多すぎないか?
■修繕積立金の滞納が少ない建物か?
■売却理由がトラブルではなかったか?
■…そのほか全部で48チェック項目

IeROHAメンバーズ登録(無料)で「中古マンション見極めリスト」のほか、IeROHA を運営しているゼロリノベ提供の様々なコンテンツをすべて閲覧できます。ぜひ活用してください。(無料登録フォームは下記ボタンの遷移先にあります)